問題ヒトが一定の割合で産まれてしまうのは大神が奴に課すノルマ

小学生低学年の次男には叡知の伸展に遅延がある。今主に定型学級におけるが、遠からず限定学級に通うリズムが増えてくるだろう。お子さんがいずれ、「便宜」の呼称のもとにこの世人前の周辺に追いやられる予想を考えると、お父さんとしては至ってやりきれない。
古典落語には“偽者”という人柄が登場する。近年で言うLDとか伸展支障を持つ人間だが、ご隠居くんやおかみさんを始め、長屋のみんなで亭主がたとえやっていけるように援助を焼く。ただし偽者はキャパシティが小さいので、言われたことを間違って覚えたり、覚えたことを一向に関係ない文脈で実行して陥り、それを見た長屋の皆さんが頭を抱えて二度と偽者に叡智を付ける、という大笑いが描かれる。長屋の皆さんには、偽者を“役立たず”として周辺に追いやる発想は最初から薄いらしい。寧ろ中心に連れてきて、援助を焼き見合うため顧客が“公”または“しがらみ”を形成している。これが古典落語として在るは、江戸の顧客には普通に共感できる日常のインスピレーションだったのだろう。そういった古人の叡智に人々が学ぶ事は出来ないだろうか。
「特殊な病魔が一定の人口ごとの中で必ず表れるのは、大神が人となりに課すノルマだ」とする理論がある。これを知的支障の輩に融通すれば、「この子は私が課せられていたかもしれないノルマを肩代わりしているのだから、みんなで援助するのが当然じゃないか」という発想を導けるのではあるまいか。
自治体水準での条件はだめでも、地域の顧客でこういうインスピレーションをシェアできれば、次男というハンデを持つ輩陣の条件は大層陥る。結実出来たら、こういう国内は仮に素晴らしい世界中になることだろう。偽者を輩に持つ父としては、心から願わずにいられない。宇都宮の脱毛事情特集ページ